Home

同僚を出し抜くためのトーイック勉強法

真珠養殖の過程

“真珠養殖”の為の“アコヤ貝”は、“母貝養殖業者”から買い込みます。


母貝養殖業者が、約1〜2年育てた真珠養殖専用のアコヤ貝です。


先ずは、アコヤ貝を、殆ど密封された、通水性の悪いカゴに詰め込みます。


アコヤ貝を、仮死状態にする抑制作業で、貝の“仕立て”と云われています。


つぎに、“核入れ”作業が始まります。


真珠の元となる核は、“ドブ貝”と云う貝の貝殻を削って丸くしたものです。


貝の内側は、とても光っており、その色が真珠の色になります。


“外套膜”を核と一緒にアコヤ貝の体内に入れると、
外套膜は核の周りに、“真珠層”を形成し、真珠を作り出します。

核入れが終わると、アコヤ貝は“養生”に入ります。


底の浅い養生かごに入れられ、波の少ない湾内で、
1ヶ月程養生するのです。


その後、湾外の漁場に移され、これを、“沖出し”と云います。


1ヶ月の養生期間中、アコヤ貝の体内では、外套膜が細胞分裂を起こし、
核の周りを取り囲み、“真珠袋”と云われる袋状のモノを作ります。


そこで、長い年月を掛けて、その袋の内側の、各の表面に、
貝殻の成分である、真珠層を積み重ね、真珠を生み出します。


沖出しで外海に運ばれたアコヤ貝は、珠出しの日まで、そこで生活し、
フジツボや海藻を落とす作業や汚れを落とす貝掃除の作業をして行きます。


アコヤ貝を海から引き揚げ、中から真珠を取りだす作業で終わります。


これらの工程で、養殖期間が1年以内の真珠を“当年物”と云い、
1年以上置いた真珠を“越物”と呼んでいます。

ダイヤモンドの価値

世界各地で産出される“ダイヤモンド”原石は、
「デ・ビアス社」に集められ、様々な品質に分類選別されます。


その後、デ・ビアス社主催のサイト(販売会)で、その参加資格を持つ、
“サイトホルダー”と云う、限られたメンバーに販売されます。


このサイトホルダーを通じて、ベルギーやイスラエル、インド、アメリカなどの、
“カッティングセンター”で、カットが施されます。


その後、宝飾用として、ダイヤモンド取引所で販売されるのです。


それらのダイヤモンドは、輸入商社、ジュエリー製造業、メーカーなどを経て、
国内のジュエリー卸業者や小売店へと販売されます。


ダイヤモンドの原石の価格は、市場の動向に合わせて、
供給量が調整され、変動します。


ダイヤモンドの相場価格は、様々な、流通過程の中で、
それぞれでマージンが加算されて決められて行きます。


一般的には、店舗の運営費や在庫維持費、人件費、広告などの
販売管理費が、販売相場価格に反映して行くと考えられます。


ダイヤモンドでは、その品質基準が明確に確立されており、
価格と品質が保たれています。


現在では、厳しく品質評価されたダイヤモンドには、
国際的な流通価格を決める相場が存在します。


そして、それが世界中のダイヤモンドの取引価格を決める基準となっています。

TOEIC Test プラス・マガジン

新しい情報をしっかりと手に入れながらTOEICテストを攻略したいのであれば、「TOEIC Test プラス・マガジン」がお勧めです。

新トーイックの勉強術によれば、「TOEIC Test プラス・マガジン」は、学生や社会人を対象とした英語学習雑誌や教材、書籍などを出版している株式会リントが発行している隔月誌です。

パート別の強化特集をはじめ、コラムなどもあり、楽しく英語を身に付けることができます。

毎号、200題のTOEICテストの完全模擬問題が収載されていて、隔月発行される為、学習のペースメーカーとしても役立ちます。

ユーザー登録を行うと、模試600問やその他のオンラインプログラムが2ヶ月間使い放題となります。

さらに、毎号2つの英作文の課題の添削を行ってもらえたり、本誌に掲載されている模擬テスト解答するとTOEIC推定スコアを計算してくれるプログラムや利用できます。

読者代表の2人がTOEICテストを受験して、トータルスコアの伸びを競う「Who Challenges Wins!」などは、雑誌ならではの企画で、TOEICテストを違った側面から楽しむことができますね。

CD付きで1,380円という価格も魅力です。

TOEICテスト勉強の為の書籍を購入したいと思うけれど、どれが良いのか分からないという方などは、まずは、この一冊からはじめてみると良いのではないでしょうか。

Return to page top